データを数える「COUNTIF」関数の基本を覚える

本シリーズ『集計を極める』では、エクセルを使用していて集計するテクニックについて、いくつか取り上げていきたいと思っている。本稿で取り上げるのは、「COUNTIF関数」だ。

条件付き集計で計算も楽々!SUMIFの基本を覚える』では、「エクセル達人」の第一歩である「SUMIF関数」について取り上げた。今後の当シリーズでは、条件付集計など、徐々に高度な集計テクニックを紹介していきたいと考えている。

さて、集計テクニックを極めるに当たり、基礎となる関数がいくつかある。

そのひとつが、「COUNTIF関数」だ。

前回の『条件付き集計で計算も楽々!SUMIFの基本を覚える』で紹介したのが、こんなデータ(図表1)だ。

図表1 新型コロナウイルス感染症用のワクチン接種実績データ

これは、政府CIOポータルサイト『新型コロナワクチンの接種状況(一般接種(高齢者含む))概要』のページで手に入る「ワクチン接種記録システム(VRS)」の生データを加工したものであり、具体的なデータの取得方法や取り出し方については前稿をご参照頂きたい。

(※なお、該当する生データについては、PC環境があることが望ましいが、慣れれば誰にでも簡単に取得できる。)

このワークシートをしげしげと眺めてみよう。

構成要素は「都道府県」(数字2ケタのコード)、「男女の別」(Mが男性、Fが女性、Uが性別不祥)、「年齢」(『-64』が64歳以下、『65-』が65歳以上、『UNK』が年齢不詳)、「回数」はその接種が「1回目」か「2回目か」という区分だ。

前回のシートでは、日付ごとに接種回数を合計する、という作業をやったわけだが、今回は「データの数」そのものを集計する方法を紹介したい。

COUNTIFの具体的な書式は、次のとおり。

COUNTIF(範囲、検索条件)

ここでは「年齢」の部分で集計してみよう。

まずは、「-64」、「65-」、「UNK」の3つの文字列を空白のシートに入力する(図表2)。

図表2 年齢の3区分

次に、B列にデータ数を入力しよう(図表3)。

図表3 計算式の入力

B2セルに次の計算式を入力する。

=countif(Sheet1!C:C, A2)

数式バーを表示している人は、数式バーに数式が表示される(図表4)。

図表4 数式入力中

そして、エンターキーを入力すれば、該当する年齢階層のデータ数が一発で求まる(図表5)。

図表5 データ数の計算

「コントロールキー」を押しながら「D」を入力すれば、下のセルにそのままコピーできる(図表6)。

図表6 Ctrl+D

以上の「COUNTIF関数」は、前回の「SUMIF関数」とあわせて、是非とも業務にご活用いただきたい基本数式のひとつである。