入力した日付が「数字の値」になってしまう場合の対処

「あれ?日付を入力したらいきなりわけのわからない数列に変換された…!」そんな経験をされた方は多いのではないだろうか。いい加減、エクセルの使い勝手については改善していただきたいものだが、本稿以降は不定期ではあるが、「日付操作の基本」について説明していきたいと思う。

「エクセルを使いこなす」うえで重要なのは、「日付をどう使いなすか」、だ。

エクセルを立ち上げ、「日付」のつもりで、たとえば本日、「2021/8/23」と入力してみよう(図表1)。

図表1 A2セルに「2021/8/23」と入力

すると、たいていの場合は、「44431」と表示されてしまうだろう(図表2)。

図表2 A2セルに「44431」の表示

たいていの人は、これで大変に苛立つはずだ。

では、この「44431」とは、いったい何を意味しているのか。

じつは、エクセルでは日付のすべてに「シリアル値」が定められている。1901年1月1日が「1」、翌日の1902年1月2日が「2」、という具合だ。最大値は9999年12月31日で、シリアル値は「2958465」である。

ということは、エクセルでは1900年1月1日から9999年12月31日までの範囲しか、日付を正確に認識することができない、という意味でもある。

したがって、1899年12月31日(日本の場合だと明治32年12月31日)以前をエクセル上、日付として扱うことはできない(当ウェブサイトとしては、マイクロソフトに対し、たとえば「マイナスの値」を入力すればそれ以前の数値が正確に表示されるようにしていただきたいと思う次第である)。

それはともかくとして、日付を認識させるために一番手っ取り早いのは、範囲を指定して「Ctrl+1」キーを入力し、「セルの書式設定」画面を呼び出すことだ。

ここで、A2セルに「44431」、A3セルに「1」、A4セルに「2958465」と入力し、A列を選択したうえで「Ctrl+1」を入力してみよう。すると、「セルの書式設定」の画面を呼び出すことができる(図表3)。

図表3 セルの書式設定

そのうえで、セルの値を「日付」に変更してしまおう(図表4)。

図表4 セルの書式を「日付」に変更

その結果、先ほどの「44431」だの、「1」だの、「2958465」だのといった値が、日付に変更されたことが確認できるだろう(図表5)。

図表5 セルの値が日付に変わった

なお、以降は「日付から曜日を抽出する方法」、「日付を任意のフォーマットに変更する方法」などについても説明していきたいと思っている。ご期待いただきたい。